病は気持ちから、はとことん言ったものですね

この前、ひさしぶりに自宅に帰省してきました。
急に寒くなった日光があって、こんななか外部でオペを通していた父さんが、「寒い、寒い、流感を引きみたい」って帰ってきました。
こういうとき、なんとなく思ったんです、おそらく翌日父さんは流感を引いたといった騒ぎ出すだろうな、という。
そんなふうに、私の父さんは、気持ちで疾病になってしまう人類です。
ちょい身体が冷えて流感をひきみたい、という信じ込むといったその通りになるし、TVでそんな具合があるといった大変です、って自分に当たることを言っているのを見ると、いよいよ私は患者になってしまったかのようになり元気がなくなってしまうんです。
流石、翌朝、起きて来るなり「あぁ、昨日のせいで流感をひいてしまった。厳しい、難しい。」って自分が疾病だ演出を通していました。
そうして厄介なのが、私は患者なんだからって、愛しないと大変なことになってしまうんですよね。
ほとんど子のようです。

疾病は思いから、という物言いを聞くと、たえず父さんの形相が浮かんで仕舞うぐらい。
基本的に健在見立ての結果もかなり良く、疾病はかけ離れた人生だからこの程度で済んでおるんでしょうね。
そのうち、健在見立てで悪い結果も出たら、自宅は大変なことになってしまう。
どうにか、健康で過ごしてくださいものですね。敏感肌用アヤナスBBクリームは、カバー力もバッチリでした。